お産の知識

35歳以上の妊娠ママは高年出産の正しい知識と注意点を知っておこう!

The following two tabs change content below.
助産師ママ

助産師ママ

現役助産師であり、自宅では母として育児奮闘中!共働きなので、自宅では夫婦で協力して全力育児の毎日です。妊娠と出産は夫婦にとって家族に変わる大切な時期!様々な問題や悩みを解決していく度に家族の絆は深まるハズ!お互い頑張りましょう!!

一般的に妊娠時に35歳以上となる初産婦のことを高年初産婦といいます。

ここでは35歳以上の初めて妊娠をしたママと支えるパパにしっかりと高年出産についての正確な知識と注意点を知ってもらい、母子ともに健康な妊娠生活、そして出産を迎えられるようにしていきましょう!

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

そもそも高年出産とは何なの?

まず高年出産は医学用語ではありません!

35歳以上の妊娠・出産をする初産婦のことを指す言葉として定着しています。

35歳以上は、24歳から34歳までと比べると妊娠・出産のリスクが高くなり注意が必要となるため区切りられています。

ですがこれは当たり前のことで、20歳と40歳でどちらが肉体的に健康で体力があるかといえば、若い20歳の方が、健康で体力もあるのが多いですよね。

同じように人によって違いがあるのは当然で、高年出産に区分されたのであれば20歳、24歳での妊娠時より気を使い、注意していけば良いのです。

50歳でも健康で安産な方もいますし、20歳で難産となる方もいます。

高年出産となると染色体異常や流産の確率もあがると言われていますが、あくまで確率です。
しかし数字として出ている以上、リスクがあがることは間違いありません。

知識を付け、妊娠中の生活や習慣を改善していくのは母としてすべき準備と理解しましょう!

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

高年出産によくある疑問を解決する!

つわりは重くなりがち?
つわりの症状に年齢は関係ありません。

個人差があるつわりですので全ての妊婦さんに効く万能薬も存在しません。

胎嚢や心拍の確認が遅くなる?
妊娠確定とされる胎嚢や心音の確認ですが、高年出産が理由で遅れることもありません。

流産の危険は高まる?
高齢になるにつれ卵子の質も低下するのは事実ですが、初期流産は全妊娠の15%以下と低い数字ではなく誰にでも起こり得ることです。

だからこそ妊娠初期より出来ることはしっかりと行うべきです。

早産のリスクは?
はっきりとした関連性はわかっていません

。年齢によって持病を持つこともあり、合併症による早産は考えられます。

妊婦健診をしっかり受け医師の指示に従うようにしましょう。

帝王切開になるケースが多い?
高年出産ですと妊娠高血圧症など合併症を引き起こすことが増えるため、帝王切開になる確率は上がります。

また分娩時間が長くなることもあります。

ですが、全ての高年出産の妊婦さんがそうなるわけではないので過度の心配は無用です。

妊娠期に健康に気を使い体力をつけていきましょう。

子宮口が開きにくかったり、陣痛がつきにくい?
年齢により筋肉の衰えや脂肪がつくことにより産道が固くなり、子宮口が開きにくかったり、陣痛が弱い傾向はあります。

ですがこれも個人差ある話です。

産後の体重や体形が戻りづらい?
年齢は関係ありません!体重管理を妊娠期よりしっかりを実施していきましょう。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

高年出産で気になる先天異常の可能性について

高年出産となるママパパの一番の疑問であり、心配事はお腹の赤ちゃんの先天異常でしょう。

結論から申し上げると、赤ちゃんに先天的な染色体異常が現れる可能性は確かに年齢とともに上がります。

加齢により卵子の質も低下することで赤ちゃんの染色体に影響を及ぼすことになるからです。

先天異常で頻度の高いダウン症候群ですと、全妊婦の平均で1000人に1人と言われています。

これが35歳になると、約300人に1人。40歳で約80人に1人。

と、確率はあがります。

とはいえ、35歳での赤ちゃんの299人はダウン症候群ではないとも言えます。

産まれてくる子供に健康であって欲しいというのはパパママに願いだと思います。

先天異常だけでなく高年出産のリスクを過度に心配するのではなく、しっかりと現実を見据え妊娠中に軽減できるような生活を心がけ、リラックスすることが大切です。

もし、エコー検査、超音波検査などで医師より疑いがあるような話があったり、先天異常についてしっかりと事前に知りたいというのであれば出生前診断という検査を受けることは出来ます。

ですが出生前診断を受ける際には、夫婦でどのような結果だ出ても受け止める準備と覚悟が必要です。

費用や受診可能時期も決まっていますので、受ける受けない関わらずこちらもしっかりと勉強しておきましょう。

115d1d12b3234462c4b235d6f85c47b3_s

高年出産についてまとめ

高年出産となると、確かに先天異常のリスクが高まったり、高血圧症候群、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの可能性も高まります。

ですが妊娠・出産関係なく、若い時より加齢を重ねてからの方が疾病リスクが高まるのは普通の話です。

現実に迷うことなく、妊娠中の食事の見直し、体重管理、妊娠中のNG行動の徹底、葉酸サプリの摂取、適度な運動、リラックスした生活など、パパママの協力でお腹の赤ちゃんが健康に育つように愛情持って、妊娠期間を楽しむことが一番です。

戌の日の安産祈願に向かうのも良いかもしれませんね。戌は安産ですからあやかろうというわけです

ママパパが健康的に妊娠期間を過ごせば元気な赤ちゃんと対面できるはずです!

その為にも学ぶべきことは学び、実行すべきことは実行していきましょう。
<

妊娠中・育児中のコスパ最高のサービス!

以下のサービスは、現在進行形で育児に奮闘するファイナンシャルプランナーでもある管理人が、妊娠中や育児に奮闘するパパママに自信をもっておすすめする必須サービスです!

楽天マガジン(雑誌読み放題)
31日間の無料体験期間あり!
妊娠中や育児の情報収集や気分転嫁これ1つでOK.節約効果は抜群で、もう雑誌は買わなくなります。たまひよ、Pre-mo、Baby-moといった育児情報誌を中心に様々なジャンル200誌以上を読み放題。費用もたまひよ誌面の630円より全然安い月380円!
オススメ度
ポイント① 250誌以上読み放題・オフライン閲覧可・楽天ポイント支払いOK
ポイント② パソコン含む複数台で登録できるので夫婦別の端末で利用可能
費用と無料期間 31日間の無料期間あり/月額380円(税抜)

公式ページ

妊娠や育児の情報収集が、月380円でOKになり節約効果は抜群!!気分転嫁に他の雑誌も読み放題なのがさらに嬉しいポイントです。
Amazonファミリー(プライム会員)
30日の無料期間あり!
Amazonのパパママ限定有料会員のサービスを体験!CMで有名なAmazonプライム会員の全特典に加え、紙オムツなどをいつでも最安値で自宅までお届け!今なら様々なプレゼントも実施中!西松屋、アカホン、トイザらスは勿論、各種ドラックストアより安く紙オムツを楽々ゲットできます!
オススメ度
ポイント① 紙オムツをどこよりも安く購入可能!他にもパパママ限定特典多数
ポイント② 動画や音楽視聴など全てのAmazonプライム特典も利用可能
費用と無料期間 30日間の無料期間あり/年会費4,900円or月額500円

公式ページ

昨年のマザーズセレクション大賞受賞のサービスでもあり、先輩パパママの利用者も多いですよ
あわせて読みたい
【2019年最新】Amazonプライム・ファミリー全特典解説!出産前後に育児中にオススメ!ベビーグッズをお得に購入しよう!Amazonのプライム、そしてAmazonファミリー。はっきりと断言できます。めちゃめちゃ便利で得です! 2017年末で3900円分のクーポン配布が終了していましたが、パパママにとっての価値は微塵も揺らぎません!! 日々利便性が上がるAmazonファミリー・プライム会員の加入メリットを最新情報踏まえて詳しく紹介していきます。...
ABOUT ME
助産師ママ
助産師ママ
現役助産師であり、自宅では母として育児奮闘中!共働きなので、自宅では夫婦で協力して全力育児の毎日です。妊娠と出産は夫婦にとって家族に変わる大切な時期!様々な問題や悩みを解決していく度に家族の絆は深まるハズ!お互い頑張りましょう!!
こちらの記事もおすすめ!