育児準備

妊娠中に赤ちゃんの安全で快適なスペース作りをしておこう!

The following two tabs change content below.
イクメン王

イクメン王

◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!

赤ちゃんが誕生しておうちに迎え入れる時、一体どんな部屋が良いのでしょうか?

地震大国日本では地震を想定した部屋作りも欠かせません。出産後のママの体は満身創痍でボロボロです。体力回復と育児と家事をこなすのは並大抵の努力ではありません。

だからこそ、赤ちゃんのお部屋作りは出産前に完了しておく必要があります!

パパや、赤ちゃんの祖父母や家族の協力がなければ、家具を動かしたり、今あるものを処分・収納したりはできません。赤ちゃん誕生前に、ママもパパも家族もみんなで、赤ちゃんに安全で快適なお部屋のルールを知り協力して作っておきましょう!

2add061f7d06d0f72a6f4d7a5bfee24e_s

赤ちゃんのスペース作りのポイント 物の配置と工夫

大人には何気ない物が赤ちゃんにとって危険物に変わることがあります。
今から挙げる8つのポイントを押さえると、配置のしかたの道しるべになりますよ。

8つに共通する大前提条件は「床から60cmまでの高さをキレイにする」です!

1つ目「転倒の恐れのある高さのある物を片付ける」

例えば高さのあるライトや観葉植物、帽子掛けなどです。高さのある物は倒れて赤ちゃんが怪我をしたり、観葉植物はホコリや虫を寄せ付けやすく、倒れて赤ちゃんが土や植物を誤飲したりする危険性があります。

2つ目「フロアマットを敷く」


赤ちゃんは頭が重くすぐに床に頭をぶつけますが、フロアマットがあれば衝撃を和らげます。赤ちゃんの吐き戻しの掃除も楽ですよ。赤ちゃんの動くスペースが広がれば継ぎ足せる点も優秀です。

3つ目「床に物を置かない」

頭をぶつけたり倒したりを防げますし、何でも口にする赤ちゃんにとっても安全です。実は掃除も楽なんです。床に物が置いてあると掃除がしにくくホコリがたまりやすいのです。

4つ目「蓋付きゴミ箱に変える」


うっかり赤ちゃんが触って倒すとゴミが散乱してゴミを口に入れてしまいます。蓋付きゴミ箱がベストです。また、ゴミから菌が舞うのを防ぐことで感染症予防になります。赤ちゃんがつかまり立ちを始めそうな時期からは蓋付きゴミ箱を別の部屋に移すと尚良いです。

5つ目「コンセントカバーを取り付ける」


赤ちゃんは好奇心旺盛で、穴や隙間があれば小さな指を入れてしまいます。コンセントの穴を塞ぐコンセントカバーを必ず取り付けましょう。また、面倒でも電気製品のコードをまとめておき、使ったら抜く習慣を今からつけてください。周りの物に興味津々の赤ちゃんがコードを引っ張る可能性があるのと、赤ちゃんを抱きかかえてる時にまさかの転倒や、大人の転倒時に物を落っことして赤ちゃんにぶちまけるリスクを減らせます。

6つ目「テレビを固定する」


赤ちゃんが興味を持って動かす可能性があるのと地震による落下防止策として耐震ジェル、固定ベルト、転倒予防金具など様々な便利グッズを使って固定しましょう。

7つ目「家具の角にクッション材を取り付ける」


大人がどんなに気を付けていても、赤ちゃんはどこかに頭をぶつけます。クッション材があることで大ケガを防げますので是非取り付けましょう。

8つ目「低い位置にある小物・扉がない棚の下の収納物・低い位置にある引き出しの中身を選別する」

ふとした拍子に赤ちゃんや大人がぶつかり、足元に小物が散乱すると危ないです。扉がない棚の下の収納物と低い位置にある引き出しの中身については、たまたま目を離したすきに赤ちゃんが引っ張り出すケースがあります。中身を選別しておき触られても問題ない物だけを収納するか、引き出しにロックをかけることをするべきです。引き出しのロック用グッズは入手しやすいです。

物の配置の話から逸れますが「窓枠など家の中の小さな段差部分を確認しておく」
これもオススメです!この確認作業をしておくだけで、歩く時に赤ちゃんの危険場所が把握できますし、赤ちゃんの抱っこ中や、慌てて赤ちゃんの元へ駆けつける時に大人が転ぶ事態を防げます。

7386b6cb8ff494c508e5c99af70c6ba2_s

ペットがいる家庭での赤ちゃんのお迎え

ペットがいる家庭は、以下4つのことに注意!

赤ちゃんのスペースとペットの餌やトイレスペースを分ける

赤ちゃんが寝るスペースにペットが入らないようにする

散歩から帰ったらペットの足を洗う

こまめなブラッシングで毛の散らばりを防ぐ

もともとペットがいる家庭は、赤ちゃんをお迎えする前に、家族がペットに赤ちゃんの肌着などのにおいを嗅がせておくとお迎えがスムーズになりやすくなります。赤ちゃんをお迎えした後も、以前と変わらずペットを可愛がってあげてくださいね。

74f070d54c35747d8de0d3b84f20318f_s

赤ちゃんに快適な気温と湿度

温湿度計を使うのがオススメです!
赤ちゃんスペースの近くに温湿度計を設置すると、大人には大したことがなくて気付けない時に、エアコン表示と実際の温湿度が違っていることですぐに対処できます。


画像の商品 デジタル温湿度計 置き掛け両用タイプタイプ/マグネット付 

気温に関しては夏は26~28度、冬は20~23度の範囲に収まるように調節しましょう。

外との気温差は5度以内が目安。猛暑日や冷え込みが厳しい日もあるでしょう。外出すると、外との気温差が大きいと赤ちゃんの体力を奪うので、できるだけ外出時間とその時間帯の外の気温を把握しておいて行動することです。

生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは体温調節がうまくできず高体温になりやすいので冬は温めすぎないようにしましょう。

冬はエアコンの他に、床暖房やホットカーペット、オイルヒーターやパネルヒーターがあります。赤ちゃんが器具に直接触らないようにしてください。

夏は、エアコンや扇風機の他に、氷の入ったペットボトルをうちわであおぐといった工夫があります。

年間を通して快適な湿度は40~60度ですが、特に冬は50~60度にしましょう。

インフルエンザや風邪がはやる冬の乾燥は大敵です。乾燥は体の抵抗力を弱めて喉や鼻の粘膜にダメージを与えます。乾燥した空気中には菌やウイルス、ハウスダストが舞いやすくなることで赤ちゃんが吸い込んでしまうため気をつけてください。

冬は加湿器をつける、湿度調節のために洗濯物を部屋干しする、夏はエアコンの除湿機能を使うといった工夫があります。また、赤ちゃんの肌はバリア機能が弱いので年間を通して保湿クリームを塗ってあげましょう。

5d236b62ea18562d35d14602801ba3d8_s

よくある月齢別の未遂事故を知る

赤ちゃんの月齢別に起こりやすい事故は想定できます。未遂に防ぐためにも、赤ちゃんの成長に合わせていつどんな危険が潜んでいるかを把握しましょう。

生後0ヶ月〜3ヶ月の赤ちゃん

基本的に寝ていますが、窒息事故、落下事故、やけど、頭をぶつける事故が多めです。

窒息防止策は、赤ちゃんの敷布団はかための物を選ぶことと、頭の周りにぬいぐるみやタオルを置かないことです。柔らかすぎる布団だと、いつの間にか赤ちゃんがうつぶせ寝になっていた時に顔をうずめて呼吸ができないことがあります。

落下についてはソファとベビーベッドからの落下が多いので、寝返りがまだうてないから大丈夫と考えず、ソファから目を離さないか、柵をきちんとあげてベビーベッドに寝かせるか、クッション性のマットを敷いておくかなど工夫をしましょう。

やけどについては、電気毛布や湯たんぽから低温やけどしやすいので直接触れさせないようにしましょう。

頭をぶつけるのは頭の重い赤ちゃんのみならず、抱っこ中の大人が意外と転倒する場合があります。首が座る生後3〜5ヶ月頃の赤ちゃんは、寝返りをうてるようになることで少し離れた距離のある家具に頭をぶつけることがあります。

また、何でも口に入れたがります。ボタンや電池、小銭など赤ちゃんの口に入るサイズの小物を置かない、電池を使う電化製品を把握しておくなどしておきましょう。

お座りをする生後5〜8ヶ月頃の赤ちゃん

お座り姿勢からひっくり返って床や家具に頭をぶつける場合がありますし、引き続き何でも口に入れたがります。

危険な台所などからはベビーフェンスで仕切る、ベビーサークルで赤ちゃんを囲う、ドアに指挟みストッパーを取り付ける、ストーブガードなどでストーブを囲う、カバンの中身をいじられないようにチャックを閉めておくなどしましょう。

タバコの誤飲も多いです。

生後8ヶ月頃以降の赤ちゃん

はいはいをしたり、つかまり立ちや伝い歩き、1人で立つ、1人で歩く、ベビーフェンスもよじ登るなど成長が目覚ましいです。

よくある事故は、引き出しに手指を挟む、階段や物につまずき家具に頭をぶつける、台所のケトルや炊飯器のコードを引っ張って倒す、引き出しの中身や棚の上の物をいじって誤飲、浴槽内に転落、網戸を開けてしまって外に転落、観葉植物に近づき誤飲などがあります。

事前に起こりうる可能性の高い事故を把握し、防止に家族で協力して努めましょう。

9aa7289a0d12556d29ce1d87547af0e9_s

赤ちゃんの安全で快適なスペース作り まとめ

この記事を読む人はママが多いでしょう。
よくあるケースは、ママだけしかこうした赤ちゃんを守る注意点を知らないでいたので、実際に赤ちゃんに危険が及んでママが周りに怒る状況です。

その時に怒っても仕方ありません。赤ちゃんの過ごす場所に共通する注意点は、ママだけが把握するのではなく、パパや実家のご両親や家族にも分かるように情報共有しておく根回しがとても大事です。

ママは、出産前に身動きが取りづらい中での赤ちゃんお迎え準備ですが、根回しをくれぐれも怠らないでくださいね。今ある持ち物の片付けは誰でも億劫です。自分以外の家族の協力を仰ぐ時は相手の気持ちも考え「なぜ片付けが必要かを伝える」「家族にとって優先順位が低いものから片付け始めてもらう」など根回し上手になりましょう。

妊娠中・育児中のコスパ最高のサービス!

以下のサービスは、現在進行形で育児に奮闘するファイナンシャルプランナーでもある管理人が、妊娠中や育児に奮闘するパパママに自信をもっておすすめする必須サービスです!

楽天マガジン(雑誌読み放題)
31日間の無料体験期間あり!
妊娠中や育児の情報収集や気分転嫁これ1つでOK.節約効果は抜群で、もう雑誌は買わなくなります。たまひよ、Pre-mo、Baby-moといった育児情報誌を中心に様々なジャンル200誌以上を読み放題。費用もたまひよ誌面の630円より全然安い月380円!
オススメ度
ポイント① 250誌以上読み放題・オフライン閲覧可・楽天ポイント支払いOK
ポイント② パソコン含む複数台で登録できるので夫婦別の端末で利用可能
費用と無料期間 31日間の無料期間あり/月額380円(税抜)

公式ページ

妊娠や育児の情報収集が、月380円でOKになり節約効果は抜群!!気分転嫁に他の雑誌も読み放題なのがさらに嬉しいポイントです。
Amazonファミリー(プライム会員)
30日の無料期間あり!
Amazonのパパママ限定有料会員のサービスを体験!CMで有名なAmazonプライム会員の全特典に加え、紙オムツなどをいつでも最安値で自宅までお届け!今なら様々なプレゼントも実施中!西松屋、アカホン、トイザらスは勿論、各種ドラックストアより安く紙オムツを楽々ゲットできます!
オススメ度
ポイント① 紙オムツをどこよりも安く購入可能!他にもパパママ限定特典多数
ポイント② 動画や音楽視聴など全てのAmazonプライム特典も利用可能
費用と無料期間 30日間の無料期間あり/年会費4,900円or月額500円

公式ページ

昨年のマザーズセレクション大賞受賞のサービスでもあり、先輩パパママの利用者も多いですよ
あわせて読みたい
【2019年最新】Amazonプライム・ファミリー全特典解説!出産前後に育児中にオススメ!ベビーグッズをお得に購入しよう!Amazonのプライム、そしてAmazonファミリー。はっきりと断言できます。めちゃめちゃ便利で得です! 2017年末で3900円分のクーポン配布が終了していましたが、パパママにとっての価値は微塵も揺らぎません!! 日々利便性が上がるAmazonファミリー・プライム会員の加入メリットを最新情報踏まえて詳しく紹介していきます。...
ABOUT ME
イクメン王
イクメン王
◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!
こちらの記事もおすすめ!