生命保険

パパママの必要分だけ生命保険を買うために知るべき3つのこと!節約は保険から!

The following two tabs change content below.
イクメン王

イクメン王

◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!

赤ちゃんが生まれると夫婦はパパママになり、家族というものより強く実感することになります。

家族で行きたい場所、叶えたい目標と様々な明るい将来をイメージすることはとても幸せです。

そんな家族のライフプランを安定化させるために、保険を賢く活用することは大切です。

パパの死亡保障
パパママの医療保障

最低限、上記については現在の貯蓄や資産といったマネープランとのバランスを考え保険を検討しましょう!

ここでは、一番重要な死亡保障を必要な分だけ賢く備える方法を紹介していきます。

生命保険で備えたい必要保障額は年々減っていく!

パパの必要な保障額の目安は出せたでしょうか?
ひとつ例をあげて復習してみましょう。

図1

例)自営業で持ち家でローン支払い中、貯蓄は1000万
パパ30歳、ママ28歳、長男5歳、長女1歳の家族構成

基本保障額 3000万円
自営業なので 1000万円
子ども二人なので 1000万

合計 5000万円

貯蓄が1000万円備えてあるので、差し引き4000万円が必要保障額と言えます。

ここで考えて欲しいのですが、この死亡保障額10年後も4000万円必要でしょうか?

答えはNOです!

必要保障額の減額イメージ

図4

貰えるお金が多いことは嬉しいですが、その分保険料は多額になります。

万が一の備えるために保障を買うわけですので、保険料は節約したいですよね。

上記のイメージを見てわかるように、必要額はどんどん減少しています。

子ども達の成長に合わせて、小学校卒業、中学卒業、高校卒業、そして大学卒業と教育費の負担を中心に生活費も減っていくので、万が一の際のリスクも縮小していくことになります。

保険を勧められ4000万の死亡保障をずっと買い続けるのは無駄があると言えます。

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s

生命保険の3つの基本形と買い方の違いを知ろう!

必要な保障額とその額はライフステージによって減額していくことを知りました。

それではその保障をどのように保険で備えればいいかを考えていきましょう。

ちょっとした保険用語もこの際学んでしまいましょう!

生命保険には基本となる3つの形があります。

ひとつめは定期保険

これは読んで字のごとく、期間を定めた保険です。
保険期間を1年や10年、15年と定めた間、保険料を払うことで保障を準備できます。

図6

定期券なども期限が過ぎれば使えないのと同じように、定期保険も期限をこえると保障はなくなります。

特徴としてはお金が一切戻ってこない掛け捨てではありますが、少ない金額で高額の保障を買うことが可能です。

現金での貯蓄をしつつ、保険料を安く抑えつつ高額な保障を備えたい時におすすめです。

ふたつめは養老保険

これも逆に読むと、老後を養うための保険となります。

その意味通り、非常に貯蓄性の高い保険です。貯蓄性が高いということはその分高額な保険料となります。

詳しく特徴を説明すると、死亡保障額とあらかじめ定めた満期に貰えるお金が同額になるような仕組みです。

図7
月々の保険料をそのまま貯蓄しているといっても良いので、この場合は4000万の死亡保障を備えつつ、保険料は満期までの30年間で割った額が1年分の保険料と考えて間違いありません。

貯蓄を主たる目的としつつ、死亡保障も備えるといった場合は需要がある保険です。

定期保険と養老保険に言えることは、両者とも期限を切れたら保障が完全になくなることです。

再加入したいと考えても、その年齢時の保険料となるので30歳の時より確実に高額になりますし、また健康状態によっては加入も出来ないかもしれないことに注意が必要です。

最後に終身保険

これも逆から読んでみると、身が終わるまでの保険となります。

つまり一生涯保障する保険です。

必要な死亡保障を準備しつつ、掛け捨てではないので貯蓄もされていく。

保険料の負担は定期保険より高く、養老保険より安くなります。

図1

保険料を支払う期間を決めることで、車のローンのように支払い期間を終えると車は自分の所有物になるように、終身保険も支払い期間を終えると保障だけが残ることになります。

そして終身保険の最大の特徴は、支払った保険料で構成された積立金(解約返戻金)が解約しない限り少しずつ増額していくメリットがあります。

支払った保険料より貰える解約返戻金が高くなることは少なくありません。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

死亡保障を備えるなら組み合わせの購入で柔軟に対応!

定期保険に養老保険に終身保険と3つの生命保険の形を学んでいきました。

そして必要な死亡保障額は年々減額していることも学びました。

ではそれを踏まえてどのように死亡保障を購入すれば良いのかというと

組み合わせて備えることです!

図8

こんなイメージです。

終身保険や養老保険を活用しつつ、定期保険でも備える。

さらには保険①のように保障が年々減額していく形の収入保障保険という保険商品もあるのです。

上手く組み合わせることで、貯蓄が増えたりとマネープランが変わった時に柔軟に対応することが出来ます。

この考え方を前提に教育資金の確保が目的となる学資保険も一緒に検討すると、更に賢く保険を活用することになります。

保険は勉強せずにいるとトータルで必ず損をします。

ですが自身にあった必要な保障とその額を知り買い方を上手く組み合わせることで、損するどころか保障を買いつつ、将来的には支払い保険料以上のお金が戻すことも容易となります。

それでは死亡保障の組み合わせ購入を更に知るために、保険①のような商品のモデルプランを紹介しつつ学んでいきましょう!

550952

学資保険や保険の見直しを検討しているパパママへ

一度、無料の保険相談に赴いてみるのもお金に強くなる近道です。

独学で1日調べるよりも勉強しているプロに1時間教わるほうが非常に効率的です。

保険の無料相談に行く時には、その日は契約しない!と決めていき、

目的をライフプランと必要と考えている保険の確認として行きましょう。

即決はやめましょう!

保険はトータル金額は、自宅不動産に次いで2番目の高額な買い物と言われてます。

慎重に検討して損はありません。

別の無料相談をはしごするのも決断する際に比較出来ておススメです。

学資保険の検討とライフプランニングは早い時期がベスト!!

パパママの将来のお金の悩みをなくすにはライフプランの作成をしてもらうのがベスト!

ほけんの窓口や保険見直し本舗といった保険ショップでの無料相談も、ライフプランを作成してくれるので悪くないですが、敵地に乗り込むようと感じる方もいますし、プライバシーの最たる家計の相談な以上、自宅でじっくり話せるのがオススメです。

そしてファイナンシャルプランナーを紹介してくれる訪問型の無料相談も、現在かなり流行っていますが、優秀で誠実なFPと出会えるかどうかは運によるところが大きかったりします…

ファイナンシャルプランナーとして、パパママにお伝えしておきたいのは、過剰なプレゼントなどの訴求をしているサービスは選ばないこと!

あくまで重要視したいポイントは、ファイナンシャルプランナーの質です。

正々堂々と商品力や担当者の知識や経験といった面をアピールしている無料相談を選ぶのがポイントです。

そういう意味では、ソニー生命の学資保険無料相談はプレママにとってはベストと言えるでしょう。

・学資保険の契約数NO.1商品を詳しく知れる
・優秀誠実な担当者と必ず会える
・丁寧なライフプランニングをしてもらえる

と、現在街で見かける保険ショップ・訪問保険相談の中でもトップクラスだと捉えています。

何より、保険以外のお金の悩み全般も気軽に相談できるのが一番です!

【PR】学資保険ならソニー生命

そして、雑談や様々な悩みを丁寧にヒアリングをしてくれ、今後のお金の悩みが解決できるような「ライフプランニング」を作成提案してくれるのは、パパママにとって大きなプラスになることは間違いありません。

上記写真は実際に活用されるライフプランニングのヒアリング資料。

しっかりとヒアリングした情報をもとに、パパママオリジナルのライフプランニングシートを作成してくれるので、この資料をゲットすることがどんなプレゼントキャンペーンなどよりも価値はあります。

気が合えば生涯にわたって、様々なマネーアドバイスをしてくれる専任ファイナンシャルプランナーを得ることができます!

ぜひかかりつけの医者のように、お金の相談を気軽にできるFPと出会ってください。

保険以外も家計費の節約や、住宅ローンの相談などもしてもいいですね。

押し売りも絶対にないですよ。

学資保険人気口コミ&契約数NO.1はソニー生命!!
学資保険を検討しているパパママが選んで間違いないのがソニー生命!契約数147万件以上、マザーズセレクション大賞受賞など選んだ先輩パパママ多し!月額1万以下の保険料で200万円相当の資金を無理なく作れます。家計の負担をおさえつつ最適な学資金の確保にはソニー生命で間違いありません!妊娠中やお子さんが小さい内に必ず一度検討しましょう!
オススメ度
特徴円建とドル建の選択や受取時期まで完全オーダーメイド設計
返戻率ドル建 最高返戻率130.9%/円建 最高返戻率108%
人気プラン例返戻率108%・払込期間10年・年払1,850,800円・受取200万円

PR

【ソニー生命】公式サイト

妊娠中や育児中に知って欲しい!よく読まれている記事

あわせて読みたい
【2019年最新】FPが選ぶ「学資保険」おすすめランキング!返戻率重視で教育費を貯蓄! 2019年4月1日更新 学資保険を選ぶ際の一番分かり易いポイントとして、戻ってくるお金が支払ったお金に対してどれくらいにな...
あわせて読みたい
【FPが解説】ソニー生命学資保険の特徴や評判口コミは?米ドルシミュレーションや返礼率デメリットも紹介!2019年4月1日更新 妊娠中・産後に学資保険を検討する家族は非常に多いです。 中々貯蓄が苦手だと思う方、児童手当を有効に活...
あわせて読みたい
【2019年最新】Amazonプライム・ファミリー全特典解説!出産前後に育児中にオススメ!ベビーグッズをお得に購入しよう!2019年4月12日追記更新 Amazonのプライム会員、そしてAmazonファミリー。 そう感じているパパママは多...
ABOUT ME
イクメン王
イクメン王
◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!
こちらの記事もおすすめ!