妊娠経過月数

妊娠から出産までどんな感じに進んでいく?赤ちゃんの出産までをイメージしよう!

The following two tabs change content below.
助産師ママ

助産師ママ

現役助産師であり、自宅では母として育児奮闘中!共働きなので、自宅では夫婦で協力して全力育児の毎日です。妊娠と出産は夫婦にとって家族に変わる大切な時期!様々な問題や悩みを解決していく度に家族の絆は深まるハズ!お互い頑張りましょう!!

初めての妊娠は戸惑いや焦りを感じやすいもの。全てが初体験といっていい出来事だらけなので当然ですよね。

自分の身体の変化を実感すると、その気持ちはより顕著になります。

ここでは妊娠初期から出産までのマタニティライフがどう進んでいくか?

簡単にまとめ紹介していきます。

出産までのイメージとして何となくでも段取りを掴めれば安心できるはずです!

9b7bca242ff6e7d0369e77d77bb30b85_s

妊娠初期(4週から13週)はどんな感じ??

妊娠したかも?と気づくのはホルモンバランスが変化してママの体調面に様々な妊娠の兆候が出てからとなります。

ちょうどこの時期は妊娠経過数の数え方だと4週目以降です。

妊娠2ヵ月目(4週から7週)の特徴

微熱が続いたり、体調が悪いと感じやすい時期です。早ければつわりも始まります。

妊娠したかな?と感じたら妊娠検査薬は5週目以降が使用タイミング。

赤ちゃんは約1cmほどで体重はさくらんぼぐらいの重さで4gほど。

この時期の赤ちゃんは胎芽と呼ばれ小さい小さい命ですが確かにママの身体に宿っています。

図1

もし、たばこやお酒を嗜むママであれば、この時期にきっぱりと断ちましょう。

ママと赤ちゃんの一心同体なのが妊娠生活です。

食べるもの、行動すべてが赤ちゃんに影響すると思ってください。

元気で健康な赤ちゃんと出会うために夫婦で頑張りましょう!

葉酸サプリと妊娠線ケアについては赤ちゃんの成長、ママの身体にとって非常に大切です。

しっかりと必要性を知り、この時期から習慣化させましょう。

妊娠3ヵ月目(8週から11週)の特徴

この時期はなんといってもつわりでしょう。

ピークを迎え吐き気や嗜好の変化などママにとっては戸惑うことが多いかもしれません。

様々な症状のあるつわりですが、お腹の赤ちゃんが順調に育っている証とも言えます。

先輩ママの緩和策を実施して乗り切りましょう!

つわりを終えたら食欲は前以上に戻ります。

赤ちゃんは妊娠3ヵ月の終わり頃は約4~5cm!体重はイチゴ一つ分の20~30gほど。

確実に成長していますね。

図2

○おすすめグッズ○
・つわりを緩和する抱き枕を準備

・リラックスできるマタニティ下着を準備

赤ちゃんが手足を動かす仕草をエコー検査の際には見ることができるかもしれません。

8週を境に赤ちゃんを胎児と呼びます。

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s

妊娠中期(14週から27週)はどんな感じ??

妊娠4か月の後半から妊娠7か月までの期間を妊娠中期と言います。

つわりも治まり流産の可能性も大幅に下がります。

赤ちゃんの成長を楽しみ、気持ちにも余裕が出てくる時期と言えます。

この期間に将来の手続きやお金の関する勉強など進めるのがおすすめです。

妊娠4ヵ月目(12週から15週)の特徴

赤ちゃんは五感が発達しはじめ、手足をばたばたさせたりと活発に動き回るようになります。

妊婦健診のエコー写真で驚くパパママは多いですね。

ママの身体の変化としてはつわりが治まり、少し下腹部がふっくらとしてきます。

胎盤が形成されて赤ちゃんとへその緒でしっかりと結ばれる時期が妊娠4ヵ月目です。

赤ちゃんもすくすくと成長をしているので、妊娠4か月の終わりとなり、妊娠中期に入ると赤ちゃんの大きさは約16㎝!!

体重もレモン一つほどの約100gにもなります。

サクランボ→イチゴ→レモンと身近なものでイメージすると成長が分かりやすいですよ。

図6

つわりが治まり、嬉いさを実感する時期となる妊娠4ヵ月目。

食欲が回復してくると、反動で食べまくりたい気持ちもわからなくはありません。

ですがこの時期からバランスの良い食事と体重管理をしていきましょう。

妊娠5ヵ月目(16週から19週)の特徴

ここからいわゆる安定期に入ります!

胎盤が完成することで妊婦そのものが安定するわけです。

ママの身体も変化が見て取れ、乳房やお腹が大きくなる一方で貧血気味になりやすい時期です。

赤ちゃんもこの時期には骨も丈夫になり、筋肉もついてきます!

大きさも妊娠5ヵ月の終わりのことになると、約25cmにもなり、体重は約300gに。

手の指を握ったり、足を前にどばしたりと動きがより大きく胎動を早ければ感じられるかもしれません。

図8

赤ちゃんの成長とともに、ママの身体の赤血球も増加していきます。

水分も多く必要とするようになり、貧血になりやすくなります。

貧血がくらい大丈夫と思ってはいけません!

不足すると鉄欠乏症貧血となり、めまいや息切れ、頭痛といった症状に表れます。

食事にて意識的に鉄分をほかの栄養素と一緒にバランスよく接種していきましょう。

妊娠6ヵ月目(20週から23週)の特徴

妊娠6ヵ月目になると赤ちゃんの動きが大きくなり胎動として感じられることになります。

妊娠にも慣れ心に安らぎや母性といった感情が強まる時期です。

ママの子宮は大人の頭よりも大きくなるのでバランスを崩しやすくなるので注意が必要です。

赤ちゃんは消化器官など各器官が成熟し、身体の隅まで筋肉もついてきます。

そして聴覚も発達してくるのでお腹の中からパパママのお喋りを聞いているかもしれません。

大きさも妊娠6カ月の終わりになると、約30cmにもなり、体重は約700gに。

顔だちもはっきりしてくるので、4Dエコーなどで赤ちゃんの顔を見ると感動するかもしれません。

図11

妊娠6ヵ月目までに一番注意したいのは後期流産です。

もし出血やおなかの張りを感じたらすぐに産院に行きましょう。

順調に赤ちゃんは成長し胎動を感じるこの時期に性別が判明することが多いです。

男の子なのか女の子なのか楽しみですね。胎教を意識して挨拶から語り掛けてみましょう!

妊娠7ヵ月目(24週から27週)の特徴

いよいよ妊娠中期は終わりを迎えます。

7ヵ月目となると子宮の上部はおへその位置をこえるほど大きくなり、

ママは仰向けで寝るのが辛くなります。

抱き枕を活用して体の左側を下にして横向きに寝るシムスの体位で血流も良くなります。

お腹の赤ちゃんは元気いっぱいです!

羊水の中で向きを変えたり、ぐるぐる回ったりと大暴れです。これは脳が発達して体の制御機能が高まるからです。

大きさも妊娠7カ月の終わりになると、約38cmにもなり、体重は約1200gに。

エコー検査ではまばたきや表情の変化が見られるかもしれません。

図10

赤ちゃんが大きく元気に成長する一歩で、ママの身体はホルモンバランスの変化で骨盤の関節が緩くなります。

腰痛が起きやすいのもこの時期です。体調が良いときには軽いストレッチなどを行い緩和していきましょう。

また間接にひずみを起こすので中腰になる動作をさけたり、無理な行動はさけましょう。

転倒にも要注意です!

1e635c9c6dd1e48bc97f7ecb347ee13b_s

妊娠後期(28週から40週)はどんな感じ??

いよいよ妊娠後期に入っていきます!

出産予定日まで約3ヵ月を切り、赤ちゃんを迎える準備も始めなくてはいけません。

ママのお腹もますます大きくなり、パパの協力サポートは必須です!

妊娠8ヵ月目(28週から31週)の特徴

子宮はおへそとみぞおちの間くらいまで上がり、せり出したお腹で足元は大変見づらくなります。

お腹が張る回数も増えてくるので、動いた後は注意が必要です。張りを感じたら横になって安静にしましょう。

それでも張りが治まらず出血や痛みを伴う場合は産院に相談すること。

赤ちゃんはというと、脳や内臓器官の機能が充実してきます。

誕生に備え呼吸の練習を始める時期と言われています。

聴覚もほぼ完成しているので積極的に語りかけましょう!

大きさも妊娠8カ月の終わりになると、約43cmにもなり、体重は約1800gに。

図12

妊娠9ヵ月目(32週から35週)の特徴

妊娠9ヵ月目はお産に向けてのリラックスを心がけ、体力をつけていきたい時期となります。

ですが、ママにとって胃もたれや頻尿など不快症状に悩むママも増えていきます。

子宮はみぞおち付近まで上がり、胃が押し上げられることで胃のムカつきはおきてしまいます。

食事量を減らし数を増やして食事量のバランスは維持しましょう。

体力作りは必須です!大きくなるお腹により、むくみや腰痛なども起こりやすいです。

無理せず疲れをためないこと!

赤ちゃんは体つきやふっくらとし、肺の機能が完成する時期です。

生まれたての赤ちゃんと外見はほぼ一緒です!髪の毛や爪もしっかりと伸びてきます。

大きさも妊娠9カ月の終わりになると、約47cmにもなり、体重は約2500gに。

図13

この時期はとにかく体力作りとリラックスすることが大切です。

産道に脂肪がつきすぎると難産になりやすくなるので、適度な運動は続けていきましょう。

散歩でもいいのです!

安産力を高めるようにエクササイズなので、骨盤の調整といきみの練習するのがおすすめです。

妊娠10ヵ月目(36週から40週)の特徴

いよいよ出産が近づき、赤ちゃんは産まれる準備として骨盤のほうに下がってきます!

妊娠10カ月目は臨月と言われ、ママの身体もお産の準備を完成させ始まりを教えてくれるようになります。

赤ちゃんが骨盤のほうに下がることで、圧迫が軽減され動機や息切れ、胃の不快感も解消されます。

お産に向けてバランスよく栄養素を取り体力を維持していきましょう。

膀胱への圧迫は強まるので頻尿や尿漏れには注意です。

赤ちゃんは肝臓や腎臓の機能も成熟することで肌がいうようにピンク色になります。

赤ちゃんの名前通りですね。

産まれる準備を赤ちゃんもしており、あごを胸につけお腹を引き寄せた姿勢を取るようになります。

大きさも出産予定日の間近になると、約50cmにもなり、体重は約3100gに。

図14

37週に入ったらお産はいつ始まってもおかしくありません!

パパママで陣痛や破水などお産のサインが起きてから入院するまでシミュレーションをしておくこと。

88559312e47fb800aac3b7fe43c57a19_s

赤ちゃんの出産までイメージ まとめ

これからのマタニティライフがどう進んでいくかざっくりとイメージできたでしょうか?

赤ちゃんもサクランボくらいの体重が、出産時にはカボチャ2個分に!と聞くと、ママのお腹がどれほど大きくなるか想像できるでしょう。

図16

体調の変化があり、心身ともに不安定になりがちな妊娠中。

パパの理解と協力があればこそ前向きに過ごせます。夫婦のコミュニケーションの時間をしっかりと取り、家族が増える日を準備していきましょう。

おまけ!パパママ必須サービス!無料期間30日♪

以下の二つのサービスは妊娠中や育児に奮闘するパパママに自信をもっておすすめ出来る必須サービスです!一ヵ月の無料期間もあるので気軽にお試しください。

Amazonファミリー(プライム会員)
30日の無料期間あり!Amazonのパパママ限定有料会員のサービスを体験!CMで有名なAmazonプライム会員の全特典に加え、紙オムツなどをいつでも最安値で自宅までお届け!今なら様々なプレゼントも実施中!
オススメ度
ポイントその1紙オムツをどこよりも安く購入可能!他にもパパママ限定特典多数
ポイントその2動画や音楽視聴など全てのAmazonプライム特典も利用可能
費用30日間の無料期間あり/年会費3,900円or月額400円

公式ページ

楽天マガジン
もう雑誌は買わなくなる!?いつでも情報収集!たまひよ、Pre-mo、Baby-moといった育児情報誌を中心に様々なジャンル200誌以上を読み放題。費用もたまひよ誌面の630円より全然安い月380円!
オススメ度
ポイントその1200誌以上読み放題・オフライン閲覧可・楽天ポイント支払いOK
ポイントその2パソコン含む複数台で登録できるので夫婦別の端末で利用可能
費用31日間の無料期間あり/月額380円(税抜)

公式ページ

FPがすすめる「家計の見直し」に最適な無料相談はココ!

保険マンモスの訪問無料相談
無料の保険訪問相談サービス!学資保険を検討しているパパママは家計の見直しと共に早い時期から始めるのがポイントです。保険マンモスのコンサルタントは全国各地どこでも来てくれます!今後のライフプランを丁寧なヒアリングで作成してもらうだけで、将来のお金の不安は小さくなります。今なら相談者全員にA5ランク黒毛和牛を貰えてしまいます。相談後の保険への強引な勧誘も当然なし!
オススメ度
実績日経BPコンサルティング保険調査11項目で1位獲得
オススメポイント保険マンモスの厳しい基準を満たしたFPのみが訪問
全員プレゼント厳選A5ランク黒毛和牛!

公式ページ

妊娠中や育児中に知って欲しい!よく読まれている記事

あわせて読みたい
【2019年最新】FPが選ぶ「学資保険」おすすめランキング!返戻率重視で教育費を貯蓄! 2019年1月1日更新 学資保険を選ぶ際の一番分かり易いポイントとして、戻ってくるお金が支払ったお金に対してどれくらいにな...
あわせて読みたい
【FPが解説】ソニー生命学資保険の特徴や評判口コミは?米ドルシミュレーションや返礼率デメリットも紹介!2019年1月1日更新 妊娠中・産後に学資保険を検討する家族は非常に多いです。 中々貯蓄が苦手だと思う方、児童手当を有効に活...
あわせて読みたい
【2019年最新】Amazonプライム・ファミリー全特典解説!出産前後に育児中にオススメ!ベビーグッズをお得に購入しよう!2019年1月1日追記更新 Amazonのプライム会員、そしてAmazonファミリー。 そう感じているパパママは多い...
ABOUT ME
助産師ママ
助産師ママ
現役助産師であり、自宅では母として育児奮闘中!共働きなので、自宅では夫婦で協力して全力育児の毎日です。妊娠と出産は夫婦にとって家族に変わる大切な時期!様々な問題や悩みを解決していく度に家族の絆は深まるハズ!お互い頑張りましょう!!