産後の制度・手続き

新米パパとして大活躍!?産後手続きはフットワーク軽いパパに頼ろう!

The following two tabs change content below.
イクメン王

イクメン王

◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!

出産を初めて経験することになるママにとっては、産後の体調は想像できないことだと思います。

体力も完全に回復していない産後のママには、赤ちゃんの子育ても日々大変です!

ですが、妊娠中から続く様々な手続き・・・

もちろん産後もしないと損する手続きがたくさん列を作って待っています。

そこで、生まれた赤ちゃんのため、妊娠・出産と頑張ったママのため、そして家族を支えることになるパパ自身のため、手続きはパパに任せろ!と、産後手続きはパパに頼って良い場面です。

夫婦で夫と妻だった二人が、出産を機にパパとママになったのです。

協力してこその家族ですよね。

新米パパも活躍する機会と言わんばかりに喜んで協力してくれるはず!

そこでこのページでは、パパの手続き行脚をサポートするために、効率良く回れる情報を紹介していきます。

役所手続きは平日となってしまうので、休みの調整も早めに相談しておきましょう。

ca12a15794ba3a6cda1d0e1177063fa8_s

パパの健康保険の種類によって手続きが違ってきます

ここではざっくりと健康保険の種類を代表的な職業別に3つに分け手続きの流れを紹介していきます。

前提として生まれた赤ちゃんはパパの健康保険に加入するケースとなります。

タイプ1 自営業・自由業のパパ 国民健康保険

タイプ2 会社員のパパ 健康保険

タイプ3 公務員のパパ 共済組合

そして産後の代表的な手続きは、以下の4つとなります。

その1 出生届

その2 児童手当の申請

その3 赤ちゃんの健康保険の加入手続き

その4 乳幼児・子どもの医療費助成の申請

7a9453e77ff31736b783bfb719d7a61c_s

手続きに必要となる持参物を準備しよう

・ママの母子健康手帳
・印鑑
・パパの預金口座番号
・マイナンバー

最低限は上記4つ。

それに加えて、会社員、公務員のパパは、赤ちゃんの健康保険の加入手続きに必要なものを勤め先か健康保険の窓口で確認しましょう。

赤ちゃんの健康保険証を手に入れたらもちろん持参しましょう。

パパが自営業・自由業の国民健康保険の場合

〇出生届け
生後14日以内に役所(戸籍住民課や市民窓口課)で出生届を提出

〇児童手当の申請
役所(子育て支援化、子ども課など)で手続きを進める

〇赤ちゃんの健康保険の加入手続き
役所(国民年金課、保険年金課など)で手続きを進める

〇乳幼児・子どもの医療費助成の申請
役所(子育て支援課、子ども課など)で手続きを進める

以上。

なんと国民健康保険のパパの場合は、全ての手続きを一日で役所の課を巡れば完了です。

パパが会社員の健康保険の場合

〇出生届け
生後14日以内に役所(戸籍住民課や市民窓口課)で出生届を提出

〇児童手当の申請
役所(子育て支援化、子ども課など)で手続きを進める

〇赤ちゃんの健康保険の加入手続き
職場の総務課や事務課で手続きを進める

〇乳幼児・子どもの医療費助成の申請
役所(子育て支援課、子ども課など)で手続きを進める

パパが公務員の共済組合の場合

〇出生届け
生後14日以内に役所(戸籍住民課や市民窓口課)で出生届を提出

〇児童手当の申請
職場の総務課、事務課で手続きを進める

〇赤ちゃんの健康保険の加入手続き
職場の総務課や事務課で手続きを進める

〇乳幼児・子どもの医療費助成の申請
役所(子育て支援課、子ども課など)で手続きを進める

会社員のパパと公務員のパパは手続きの一部を職場で行うものがいくつかあります。

手続きの順序で乳幼児・子どもの医療費助成の申請は最後になることになりますが、仮の書面で良い場合や赤ちゃんの健康保険証は後日コピーの郵送でも良い場合など、手続きを簡略化できることもあります。こちらも職場で確認しておくと余計な手間と時間の節約になります。

461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s

これで出生届けも提出し、健康保険にも無事加入!

そして児童手当も出産後素早く申請したので、1ヵ月分損をすることなく受給もスタート!

乳幼児・子どもの医療費助成の申請も完了したので、医療証が手元に届けば可愛い赤ちゃんに何かあれば無料で診てもらえることに!

手続きを終えて帰宅した新米パパをママと赤ちゃんで笑顔で迎え、そして「ありがとう!ご苦労様でした」と一言お礼を伝えてあげましょう!

パパママ必須サービス!無料期間30日もあり♪

以下の二つのサービスは妊娠中や育児に奮闘するパパママに自信をもっておすすめ出来る必須サービスです!一ヵ月の無料期間もあるので気軽にお試しください。

Amazonファミリー(プライム会員)
30日の無料期間あり!Amazonのパパママ限定有料会員のサービスを体験!CMで有名なAmazonプライム会員の全特典に加え、紙オムツなどをいつでも最安値で自宅までお届け!今なら様々なプレゼントも実施中!
オススメ度
ポイントその1紙オムツをどこよりも安く購入可能!他にもパパママ限定特典多数
ポイントその2動画や音楽視聴など全てのAmazonプライム特典も利用可能
費用30日間の無料期間あり/年会費3,900円or月額400円

公式ページ

楽天マガジン
もう雑誌は買わなくなる!?いつでも情報収集!たまひよ、Pre-mo、Baby-moといった育児情報誌を中心に様々なジャンル200誌以上を読み放題。費用もたまひよ誌面の630円より全然安い月380円!
オススメ度
ポイントその1200誌以上読み放題・オフライン閲覧可・楽天ポイント支払いOK
ポイントその2パソコン含む複数台で登録できるので夫婦別の端末で利用可能
費用31日間の無料期間あり/月額380円(税抜)

公式ページ

ABOUT ME
イクメン王
イクメン王
◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!